モノにこだわるメンズライフスタイルWEBマガジンGOODA「グーダ」 掲載

24金メンズリング

24金ジュエリーの特徴

深みのある山吹色が特徴的な24金ジュエリー。18金や14金と違い混合物がほぼ含まれていない24金はゴールド本来の黄金色を持ち、色あせる事のない正に「永遠のゴールド」と呼ぶに相応しいジュエリーです。デザイン性の高いジュエリーが多いのも24金ジュエリーの特徴で、特徴が上に職人の技量、ブランド力が問われるジュエリーでもあることからも、良い24金ジュエリーと、そうでない24金ジュエリーは人の目にもわかる歴然の違いがあります。価値ある素材だからこそ本物の24金ジュエリーをお選びいただきたいです。

マットなゴールドの表面で表現する24金の世界

純金 ヘッド チョーカーネックレス

24金という素材の上で職人たちが表現するデザインが魅力でもある24金ゴールドジュエリー。混合物を含まない純度99.9%のゴールド素材であるが為に、14金や18金よりも表面が傷つきやすいという側面もあります。そのため24金の表面全体は傷が目立ちにくいようにマットで光沢のない輝きをしており、造形模様の所々に輝きのある鏡面も作りだしています。シックで落ち着いた輝きを放つのも24金ジュエリーの特徴で大人の男性が身に着けるのに相応しいジュエリーでもあるのが24金ゴールドジュエリーです。

24金ジュエリー制作の様子

熟練の職人によって生み出される
圧巻の造形模様

精巧なデザインやモチーフを表現し、ジュエリーとして仕上げるためには熟練した職人の技が必要です。素材の特性を知り尽くした経験豊富な職人の手作業によって一つ一つの模様が彫り込まれ、モチーフが形作られていき宝飾品としても見事な24金ジュエリーが誕生します。


24金の龍 ドラゴンモチーフ

生命すら感じる圧倒的な躍動感
ゴールドジュエリーの神髄

24金のマットな表面に彫り込まれた隙のない精巧なディテール。生命すら感じる圧倒的な躍動感をまとった表情。これこそが24金ゴールドジュエリーの神髄とも言える大きな特徴でもあります。マットな表面と鏡面に磨き上げられた細かなデイテール部分との自然な陰影がより深みのある表情をゴールドにもたらしてくれます。


24金をファッションとして身に着ける贅沢

24金メンズゴールドリング ダイヤモンド入り

24金ゴールドジュエリーは資産としての価値も高い宝飾品です。ファッションのアクセントとしてはもちろん、その価値がステイタスにもなります。24金の放つ存在感は周りの視線を集め、身に着けた男性自身のセンスとステイタスの高さを証明してくれます。ゴールドには開運や財運アップのパワーがあるとされており、世界中のセレブリティや富豪の中にも24金に魅了されている人が数多くいます。ファッションとしてだけでなく、成功を願うパワーを持つ御守として24金を身に着ける人もいます。資産としても変わらぬ価値を持つ24金をファッションとして身に着ける贅沢こそが24金ジュエリーの魅力です。

ドバイを走るゴールドのベンツ

ゴールドがもたらす恩恵
街中がゴールドで溢れるドバイ

国全体が富豪の街とも言われるドバイには世界中から成功者たちが集います。金を手にすることで得た恩恵をアピールするかのように黄金のスポーツカーが街を駆け抜けるのもドバイの日常です。身の回りをゴールドで飾ることができるのは成功者だけの特権であり、それがまた金を引き寄せる力になるとも信じられています。


「永遠のゴールド」である24金が持つ価値

24金が持つ価値

地下資源の一つである金は、採掘できる量には当然限りがあります。1トンもの金鉱山を採掘して、実際に金がとれるのはわずか3~5グラム程で、すでに世界中の金鉱山は大方彫り尽くされていて、深い海底から採掘しているのが現状です。歴史的に、世界情勢が不安定な時ほど「金の価格が高騰」するという習性を持ちます。それは世界経済に対する不安が、価値を失われることのない資産を求める購買意欲を煽るためです。近年、安全資産として金を買い求める動きは高まる一方にあります。こうした希少性と需要の高さが純金の価値をさらに押し上げています。

純度99.9%以上の金

24K(純金)と18K・14Kなどとの違い

金の純度を24分率で表示し、純度99.9%以上の金(純金) = 24K(24金)ということになります。18K(18金)の場合、金の含有率は75%になります。 24K(24金)が一番グレードが高く、資産価値があり、唯一、純金と名乗ることができます。ほぼ100%の純金含有率を誇るため、腐敗・変色することがなく、その輝きは永久的に持続します。24金とはまさに「永遠のゴールド」なのです。

24金ジュエリーの強度

24金ジュエリーの強度について

従来、24金はジュエリーの素材には適さないと考えられていました。それは他の金属を混ぜて硬度を上げた18金や14金に比べて柔らかく、傷がつきやすいからです。

現在は純金の弱点とも言える硬度の低さを鋳造時の特殊技術によってカバーされている24金ジュエリーも多く存在します。純金の硬質化を行うことでインゴット(金地金)の2倍ほどの硬度を実現させ、宝飾品として身に着ける事を前提に強度が高められており、24金ならではのデザイン性の高いジュエリーが普段でも身に着けられる身近な存在になりました。


アレルギーにも強い24金

アレルギー体質の方にも安心な24金

24金はアレルギーの原因になりにくいため、ジュエリーで皮膚に痒みや赤みが出たことがある方も安心して身に着けられます。金属アレルギーは汗などで溶け出した金属が体内に入ることで起こる免疫反応ですが、24金は汗に触れても変化しにくい安定した素材なのでアレルギー症状が出ることはほとんどありません。

純度99.9%以上の純金を使用している24金ジュエリーは、アレルギーを始めとした肌トラブルを心配せずにお洒落を楽しめます。敏感肌でジュエリーコーディネートを諦めていた金属アレルギー体質の方にもおススメです。


24金のお手入れ方法

美しさを保つ24金のお手入れ方法

24金は不純物がほとんど含まれないためサビや変色などの心配は不要ですが、日常生活での汚れや傷には注意してください。汗がついてしまった場合は柔らかいコットンの布などでふき取っておくと安心です。汚れがひどい場合は24金をぬるま湯に浸けて汚れを浮き上がらせ、柔らかいブラシで優しく磨くと本来の美しさが蘇ります。

スポーツなど激しい運動をする時には着用せず、帰宅後は肌身から外して保管する等に気をつけていただければ、大きなダメージを避けることができます。24金の表面はマットに仕上げられているので鏡面仕上げに比べると傷や汚れは目立ちにくくなっていますが、大切に扱っていただくことでより長くゴールドの美しさを保つことができます。


24金メンズジュエリーのご購入は
PRIMAGOLDオフィシャル店へ

PRIMAGOLD MENS JEWELRY

- 純金PRIMAGOLDオフィシャル店 -